NEKONOSHITA

大切なものはいつも一番近くにあるはず。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

真冬のサンダーストーム

真冬のシカゴのお天気にしてはものすごく珍しい、この日は午後からサンダーストーム。カミナリがピカピカゴロゴロすごくて近所のバス停から家までのたったの50m足らずの距離が怖いのなんの。傘も持っていたけど横から吹き付ける雨には何の役にも立たず、あっという間にびっしょり。乗って帰ってきたバスも日本のとは違って暖房も全然効いてないのですっかり体も冷え切ってしまって。

あまりに寒かったので家に着いて早速、ホットココアを入れてみました。これはバレンタインのときに買ったCrate&Barrelで見つけたもので、真っ白なココアパウダーでできているのだけど、お湯やミルクを注ぐと可愛らしいピンクに変わるというもの。(暗く撮れてしまって色がよくワカラナイですネ)お店で見つけたときに、あまりにもキュートだったのでクラスメイトや今月お別れのお友達にもプレゼント。ちなみに味のほうはココアというより、フレイバードホットミルクという感じかなぁ。あぁ、やっぱりこんな日はおうちでぬくぬくが一番だ。おととい買ってきたチューリップも固いつぼみだったのに、暖かい部屋の中であっという間にほころんでくれました。



pinkcocoa.jpg



スポンサーサイト
  1. 2006/02/16(木) 19:14:11|
  2. 日々徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

生卵をこころおきなく食べたい

毎日よそのブログで美味しそうなモノをたくさん見てるハズなのに、自分ちの晩ご飯となるとどーもネタ切れ気味。ヘルシーなものを食べたいと身体が言っている割に、なぜかガッツリしたものを作ってしまう。そして同じものを食べているのにひたすら細いKと日に日に育っている私。基礎代謝がめっきり落ちていることを実感。豚バラ肉はベーコンみたいにカリカリと香ばしくてスキ!(そりゃそうだ、同じ部位使ってるんだもんね)と言ってバクバクすごいイキオイで食べていた。そんなヘビが卵飲むみたいな食べ方しないでちゃんとよく噛んでお食べよ。

そうそう。卵っていえばこちらはサルモネラ菌が怖いからという理由から、卵はよくよく火を通して使うというのが常識みたくなっていて、半熟さえもこわごわ、ましてや生で食べるなんて絶対ありえない!って言われてるのだけど(生卵を食べるのは野蛮な習慣とも思われてるし)、でも先日フードチャンネル見てたら、思いっきり生卵とブルーチーズその他をミキサーでガーッとやったサラダドレッシングの作り方をやっていた。え?いいんですか??生なのにっ??それからゼラチンで固めるタイプのプディングやババロアだって卵は火通ってないよね?マヨネーズだって・・・みんな、なんだかんだと言って結構生で卵食べてるじゃない!ますますワカラナイヨ・・・・ヘンナノ。


・豚バラ丼(キャベツがなくてレタスを千切りに)
・芽カブと生卵入り納豆(生卵・・ちとコワイけどグレードAAの卵だし納豆と一緒だから大丈夫!)
・セロリとにんじんと卵のサラダ
・レタスのスープ






  1. 2006/02/15(水) 06:57:47|
  2. うちゴハン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

St. Valentine's Day

日本には義理チョコっていう習慣があるんだよーというと、みんなビックリする。全然理解できないらしい。まぁそうだよね。ヘンな習慣だとは思います。最近の日本は、高いショコラティエなんかがたくさんできて、世のOLさんたちは私の頃よりもさらに大変な思いをしているのかしらん。などと思っていたら今朝、袋にたくさんのチョコとおぼしき包みを詰めた女のコ電車に乗り込んでくるのを何人も見かけた。え~?アメリカも義理チョコが浸透しつつあるワケ?でもこっちにはホワイトデーなんてものはないけどね・・・面白いのは韓国で、毎月なんだかんだと恋人たちのスペシャルデーみたいのがあるんだそうで。中でもブラックデーというのはケッサク。恋人のいないコは友達同士で『ブラックヌードル』をさみしくすするんだそうだ。このブラックヌードルが意外に美味だというので(たぶんイカスミかなんかで色がついてるんだろう)私も食べてみたい。

うちのバレンタインデーは何もいつもと変わらないけれど、せめてKが大好きなものということで揚げ物。(普段はキッチンが汚れるのでやりたくない)食べる直前になってソースを切らしていたことに気づき慌てたけど、ケチャップ+醤油、ケチャップ+マヨネーズも結構イケるね~。それと何年ぶりかでケーキを焼いた。スフレタイプは初めてで、温度管理をマメにしなかったので膨らんだときに表面が割れちゃったけど、味は問題ナシ。しばらくはチーズケーキのバリエーションにハマりそう・・・(また太るものを!)


・チキンフライ
・茹でたゴールデンポテト
・クラゲとセロリの和え物
・グリーンサラダ w/シトラス風味のドレッシング
・スフレチーズケーキ (丸型見当たらずローフパンで代用)



soufflecheese.jpg




  1. 2006/02/14(火) 08:20:34|
  2. うちゴハン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

お好み焼きの具は何がスキですか?

今晩はお好み焼き、豚玉。デカフライパンでイッキに超特大のを作りました。家で一番大きな皿からはみ出てます。ゴハンはこれだけ。オカズはナシ!だってグズグズしてると8時から始まる『24』が始まっちゃうんだもん。とっとと食べてTV前に集合だよ。だけど二人でコレ平らげるの、すんごい苦しかった。なにせキャベツが1/2個分たっぷり入ってるからネ。カルシウム補給にジャコなんぞも入れました。お好み焼きの具は何が一番スキ?なんてことを話しながら食べていたら・・・・しまった!先日母から桜海老が送られてきてたことを今頃思い出しちゃった。時すでに遅し。





  1. 2006/02/13(月) 04:25:21|
  2. うちゴハン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

レッドロブスターに行こう?!

休日の午後にTVを見てるとバンバンとファストフードやファミリーレストラン系のCMが流れてきて、どれもこれも端から試してみたくなる。エビカニ大好きのKが、Red LobsterのCMを見ていて『アメリカのRed Lobsterってどーなんだろうね~?』と言い出した。・・レ、レッドロブスターですか・・・・少なくとも日本のレッドロブスターは食べられたもんじゃないヨ・・・・メニューは少ない、料理はそのへんの冷凍食品をチンして出したものよりもひどいし、エビ・カニなんてスッカスカで繊維を食べてるみたい。そのくせいっちょまえの値段とるから、いまや都内の店舗だって数えるほどしかないよ?アメリカだってきっと同じだよぅ・・・と一生懸命抵抗してみせたけど、彼はすっかり今夜行くぞー!と行く気満々。そうでつか・・・まぁ、一度食べてガッカリすれば懲りるんだからいっか、ということで行ってみた。着いてみると駐車場はオンボロの車ばかり停まっているし、なんだかヤ~な予感がするなぁ・・・あ。あっちに見えるRuby Tuesdayのほうに行きたいでつ・・・<え?どっちもどっち??

と、すっかり先入観でRed Lobsterをマズイ店と決め付けていたけど・・・いや、私の認識が間違ってました。ゴメンナサイ!(笑)日本で入ったレッドロブスターですっかりトラウマになっていたけど、予想に反してこっちのRed Lobsterは意外とおいしーです。特にシーフードのアペタイザー類はイケます。そしてメニューがとっても豊富。これ大事。この日食べたロブスターピザは薄いクラストにほぐしたロブスターの身がゴロゴロ。ハーブがほどよく効いててついつい手が伸びる。帆立のベーコン巻きも身の厚い帆立がジューシー。シュリンプシーザーサラダなんて、これでメインになっちゃうほどの量で、これまたエビちゃんタップリ。そしてもっと感動しちゃったのはカクテル類。フルーツリキュールやトロピカル系のオリジナルカクテルが豊富で、普段はビールやワインを飲むことが多い私も、あまりの美味しさに料理が来る前にソッコーで2杯目を頼んでしまったくらい。ダークラムを使ったフローズンカクテルがウマかった。メインの料理は特別目新しいものはなく味もフツーだけど、軽く飲んでおつまみを楽しみたい、なんてときにはピッタリだなぁと思ったのでした。店に行く前は『今日が最初で最後でしょー』くらいのことを言っていた私のほうがすっかり堪能しちゃって、あは、オハズカシイ限り・・・・所詮私の舌なんてB級ですから~。





(しかしこの安っちぃ皿はもうちょっとどうにかなってもいいかと・・・)
  1. 2006/02/12(日) 07:40:01|
  2. そとゴハン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Superdawgのホットドッグ

Kにつきあって、車で1時間ほど行った郊外の歯医者さんへ。その後久しぶりにモールでもブラブラしようと思ったからついてきたのだけど、駐車場が混んでるのを見てすっかり気が失せる。こういうときどちらかがゴネたりすると面倒くさいものだけど、二人とも極端に人ごみがニガテなのでとっとと移動。これまた久々の映画館で『Brokeback Mountain』を観た。アメリカ西部での同性愛を扱った作品でやや重めのストーリーでありながらも、自然の風景をバックに静かに流れていく時間が優しい印象を与える、映像がとても美しい作品。アン・リー監督。日本でも単館系の映画館で3月に上映されるようです。オスカー候補作品。(個人的にはオスカーってほどのインパクトはなかったケド)

帰りには、かれこれ2年越しでずーーーーーっと行きたいと思っていた評判のホットドッグ屋へ。何度となく店の前を通ってはいたのだけど、いつも何故だかタイミングが悪くて、店のてっぺんに立ってるトレードマークの人形を見るたび恨めしく思っていたのでした。50'sっぽい雰囲気が漂っていてイイ感じ。そしてウワサにたがわず本当にウマかった!具材のひとつひとつは特別なものは何もないのだけど、とにかくソーセージがジューシーで、オニオンやレリッシュ(激しく人工的な緑色)、ピクルスなどが惜しげもなく豪快にどーっと入ってるにもかかわらず主張しすぎない絶妙のバランス。ピクルスがほどよくうっすら塩味でビネガーがきつくないのも私好み。イモ好きには揚げたてカリカリポテトがドッサリなのもたまらない!調子に乗ってサンデーも頼んだら、ものすごいのが出てきた。トッピングのホットファッジだけでも1カップ近くありそう・・・でもしっかり平らげました!恐るべし、私の胃袋。私が注文したのはボイルドソーセージのホットドッグだけど、写真のはKが食べたグリルドポーリッシュソーセージ。ハンガリアンやルーマニアンソーセージなんてのもあるらしいので次回トライ。



superdogbox.jpg

superdog1.jpg supersandae.jpg

  1. 2006/02/11(土) 15:25:19|
  2. そとゴハン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

やみつき Hummus

アメリカ人はディップが大好き。チーズディップやスピナッチディップ、サルサにケイジャンディップなどなど、いろんなバリエーションのディップをトルティーヤやポテトチップ、クラッカーなどにつけてよく食べてます。みんなで集まってスポーツTV観戦やカジュアルパーティのスターターなどを出す前のつなぎにもお手軽なのでよく登場するようですね。

私はサルサ以外のディップはめったに買わないけど、最近ツボにはまっててよく買うのがコレ、hummus(hommus)。フムス、ホムスなどと呼ばれているギリシアや中近東の前菜などによく登場するもので、要はひよこ豆のペースト。ピタブレッドやチップスと一緒に供されます。日本ではオーガニックカフェなどではたまに見るけれど、まだまだ認知度は低い・・のかな?作り方は簡単で、茹でたひよこ豆とたtahini(白練りゴマ)、オリーブオイルとニンニク、レモン汁、塩をフープロにかければできがり。でもスーパーやグロサリーストアに行くと、プレーンからガーリック、ドライトマト、pesto、レモン、レッドペッパーなどなど様々な種類のhummusがあるので、いろいろ試したい私はいつもさんざん悩んでひとつずつ違う味をトライ中。ピタブレッドにたっぷり塗ってサンドイッチにしたり、それさえ面倒なときは香ばしいピタチップスにつけて簡単なお昼にしています。



pitasandwich.jpg



  1. 2006/02/07(火) 15:47:12|
  2. うちゴハン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ビール片手にSuper Bowl

今年も自宅でSuper Bowl観戦。もっとも、ルールをちゃんと把握してない似非フットボールファンの私のお目当てはもっぱらハーフタイムショウのローリングストーンズと、今日を境に始まるTVの新CMですが。今日は世の中の人もこぞって朝からずーっとTVの前にかじりついてるらしく、窓から外を見ても道はガラッガラ。TVを前にビールを手にしたらウマイつまみがなくてはいられない私。昨日久々で日系スーパーに行ったので本日は海鮮三昧となりました。あぁシアワセ。

牡蠣のバターソテーは身が縮まないように小麦粉をはたいて焼いたあと、本当はブランデーでフランベするんだけど、なかったので本日はウイスキーで。仕上げに醤油をジャッ!とあおって風味よく。日本酒や白ワインで仕上げるよりも存在感のある味になって、俄然お酒のつまみにはもってこいの一品。牡蠣をお皿にあけたあとのフライパンでモヤシを炒めると激ウマだけど、今日はキャベツで。やっぱりモヤシのほうがよかったー。



chirashi.jpg




  1. 2006/02/05(日) 16:09:18|
  2. うちゴハン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Mardi Gras !

nicks2.jpg


寒さが戻ってきた!!ハンパじゃない冷凍庫並みの寒さに震え上がる。金曜の夜はKの友人に呼ばれ、House of Bluesでひと足早いMardi Gras Party。アメリカでは要はどんちゃん騒ぎのお祭りのことででファット・チューズデイとも呼ばれるもの。毎年イースターの46日前の火曜日がマルディ・グラ・デーとされ、もともとはイースターの断食に入る前に精一杯美味しいものをお腹がはちきれんばかりに食べるという意味があったのでした。ニューオーリンズで行われていたマルディ・グラはものすごく有名だったよう。(今年はどうなのかは知らない・・)そういえば、銀座にその名もMardi Grasというフレンチ・ビストロがあるのだけどココはまさにその名前にピッタリの、料理もワインも期待以上のものを提供してくれる、食に探求心のあるお客を十二分に満足させてくれる店。予約が取りづらいのだけが唯一の難点。

土曜の夜はKのかかりつけの歯医者さんが、ウチの近所のバーでサックスを吹くというので、夜10時頃からブラッと見にいってみた。相当ご年配のこの先生、かつてはシカゴダウンタウンで大金持ちを相手に開業していたけれど、もう充分稼ぎきったと見えて、いまや郊外にとっとと引っ込んで歯科医業はほんの道楽程度で、ひたすら趣味に没頭という悠々自適の暮らしぶり。昼間の顔とはうってかわって、仲間と演奏しているときの顔は子供みたいに屈託がないんだそうだ。年を取ってもなお、こんなふうに何かに一心に情熱が注げるって素晴らしいなぁ。

というわけで、この週末は珍しく二日連続で夜遊び。そして深夜まで起きていたわりに早起き。やればできるじゃないのー、ワタシ。それはそうと近所のバーはまだ煙草が吸えたけれど、シカゴもとうとう先日施行された禁煙法にともなって、いよいよ公共の場では全面禁止になりつつある。もはや吸わない私にとってはキレイな空気は嬉しい限りだけど、愛煙家はどんどん肩身が狭くなってチョッピリかわいそう。

  1. 2006/02/04(土) 06:35:49|
  2. Chicago Life
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

楽しく巻いて食べよう、タコス!



  (食器、ぜんぶバラッバラだ・・・。)

今年はプライベートなことでいくつか越えなければならないハードルがあって、なんだかんだと慌しい日々。ここ数週間は家の中もちょっとした緊張に包まれていたけれど、昨日なんとか最初のヤマを越えてようやくホッと一息。(というか今回のオツカレサマはKで私は何もしてないんだけど)私自身が頑張らなきゃいけないのは、これから。あぁでも、早く落ち着きたいーー。

とりあえずの緊張もほぐれたところで、陽気な気分になりたくてメキシカンなゴハン。トルティーヤにブリトーのシーズニングで味付けしたターキーひき肉、ソテーした野菜、レタス、グアカモーレ、サルサ、チーズを好きなように巻いて、食べる食べる!12枚もあったのに二人であっという間にペロリ。ちなみにアメリカではフラワートルティーヤがポピュラーだけど、うちはいつもコーントルティーヤ。ボソッとした食感だけど、こっちのほうがワイルドで断然美味しい!


tacos2.jpg


  1. 2006/02/03(金) 15:22:12|
  2. うちゴハン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。