NEKONOSHITA

大切なものはいつも一番近くにあるはず。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Jeff Beck @ Chicago Theater

jeffbeck.jpg


昼間、ロックズキの日本の友達、まるきんさんが珍しくメッセンジャーに居たのでライブ自慢してやろーと思って声をかけてみた。週末でしかも日本は真夜中。酒呑みの彼は確実にヨッパライだろーと踏んでいたけど、案の定べろんべろんらしい。

 『ねーねー!めちゃめちゃカッコイイ人みてきちゃったよーー!!』

 『えーだれだれ?』

 『ヒント。ギタープレイ。』

 『ん~~、ギター侍?』

 『ちげーよっ。もんのすごぉい人だよ! えーと・・・Jではじまる。』

 『あー!も、もしかして・・・あの3大ギタリストのーっ!?・・・・クラプトン、ジミー・ペイジときて・・・ジェフ・ベック??』

 『そーそーそーー!!!!!』

 『・・・ごめ・・・お、オレ・・・一度も聴いたことないや。(汗)』



          ガックリ。 なんだそっか・・・・・



いや、いいんだ。そんな私だって最近目覚めたイマサラなヤツだから。
もともとロックギターモノはやや聴かず嫌いなトコがあったんだけど、最近はKの影響でそのあたりもちらほら。アルバム結構聴いて予習はしていったんだけど、いやーライブ見てガツンとやられて帰ってきました。ヤードバースや初期のジェフ・ベックグループの頃のことは全然知らないけど(ほんのコドモだったんで)、80年代にまたロッド・スチュアートとくっついたりケンカしたりしてた頃から考えても、容姿なんて殆ど変わってない。あれで今年62才?!す、すごすぎ~~。ネックの上を滑る手元の美しさ。あの佇まい。むちゃくちゃカッコイイよ!一本のギターから繰り出される変幻自在の音の世界。まさにマジックだ。後半で弦が切れなかったら彼は最初から最後までずっと同じギターで通すつもりだったよう。

観客はマニアックなギター小僧を除いてはカナーリ年齢層高めでした。いつも思うことだけど、高め=まさに自分世代ってことをいいかげん自覚しないとなーと自分に言い聞かせてたりする今日この頃。
スポンサーサイト
  1. 2006/09/22(金) 08:21:49|
  2. 音楽・映画・パフォーマンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

髪はね、大事だよね。

warholandbaskia.jpg



髪がそろそろ限界だなぁと思っていたのだけど、いつも行く美容室の女の子は長期でバケーション中。そんなとき、知り合いの伯母さんが美容師で腕がすごくいいというので信用して行ってみることにした。



                結 果 は さ ん ざ ん ~ 。




そもそもアメリカでそんじょそこらの美容室に行くってこと自体がギャンブルに等しいわけだけど、見事惨敗。同じアジア人同士なら日本人の髪のことも理解してくれるであろうと思った私がバカだった。どこがどうヒドイって、もうとにかくカラーもカットも何もかも。こんなんじゃ外歩くのはおろか鏡を見るのもイヤだ。取り返しがつかないのは短すぎる前髪。眉毛がバッチリこんにちはー状態だよ。もともとほんの毛先を切り揃えるだけと言ったのにナゼここまで変わるのか?!結局担当不在覚悟でいつもの美容室に泣きつくハメになった。

店に入るなり『あぁ、その前髪じゃあねぇ・・・』と同情された。自分で切って失敗したのかと思った、とも。カットもカラーも一応プロがやったんだよと言ったらのけぞられてしまった。安い薬剤(カラー)を使われて髪がゴワッゴワだと。そうそう、もうタオルドライした瞬間から手に負えない有り様ですからー。

『なんとか修正してみるけど、今回だけじゃどうにもカヴァーしきれないわ。何しろこの・・・』ええ、ええ分かってます。外を歩ける程度に直して頂ければ文句はいいません。かくして、恐ろしく短い前髪は伸びるのを待つしかないけどなんとか周辺をうまく直してもらって納得できる髪に。それにしても髪型っていうのはビックリするくらい顔の印象が変わってしまうものだーとつくづく実感。


  1. 2006/09/17(日) 13:35:28|
  2. 日々徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

やっぱりビールがすき




この夏頻繁に食卓に上ったのがサルサ。フレッシュトマトと玉ねぎ、ライムとシラントロ(コリアンダー)で作る自家製サルサはカンタンでおいしい!トルティーヤチップスの山がまたたく間に消え、ビールが進むことったら。サラダ感覚でたっぷり食べたいのでウチのはハラペーニョ(かホットソース)は控えめ。この味に慣れちゃうともう瓶詰めサルサは食べられないよ。

昨日はドイツビールを美味しいソーセージ目当てにリンカンスクエアのGerman-American Festivalに喜び勇んで行ってみたら、屋台で売ってたのはBECK'Sだけ。あとは国産ビール。しかも大ジョッキで10ドル?!ソーセージも白ソーセージとダークの2種類だけ・・・でも売り子の女の子が童話から抜け出てきたみたいにカワイイコで、一生懸命ダークソーセージのおいしさを説明してくれたからヨシとしよう。<相変わらずおっさんな私。

酔っ払ったイキオイでボールゲーム(勝つとヌイグルミくれちゃうやつ)4回もやってしまった。Kは6回。浮かれてそのまま夜中はドイツの超人気DJ、Rainer Trubyが来てるSmartbarに行った。なんとなくドイツ繋がりということで。
  1. 2006/09/09(土) 08:03:05|
  2. うちゴハン
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:8

パン焼き修行中




テーブルブレッド引き続き練習中。

パン職人さんさながらにヨダレもののパンを焼かれるかたがもしコレを見ても、どうかプーッ!とハナで笑わないでくだされ。悩みつつ(とかってまだほんの数回だけど)ほそぼそ~と試行錯誤の日々。まだまだ全然修行が足りないのだけど、とりあえずイマイチの原因のひとつとして今使っているドライイーストはあまり評判がよくないようなので、違うメーカーのに切り替えてみよう。

今回はアールグレイのパウダーを種に混ぜたものを3つに分けて

・レーズン
・シナモン&レーズン
・アニス


をそれぞれ入れて焼いてみた。アニスはクセがあるので控えめに入れてみたけど、もっと多くてもよかったかも。次回はフェンネル入りをやってみよう。紅茶パンが食べたくて作ったハズなのに、ナゼか紅茶の風味はまったくしなかった。目分量でテキトーに入れたのだけど少なすぎたのか。焼く前は香っていたんだけどなぁ。
  1. 2006/09/06(水) 07:25:47|
  2. うちゴハン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

運動の秋・・・ですかね。

cherry.jpg

(公園で見つけたサクランボ?食べてみる勇気はなかったんだケド)

風が気持ちいい季節になってきたので『ビーチ歩け歩け』再開ダ!体調崩して以来運動はトンとご無沙汰だった上に、日頃の楽しみをもっぱら食に見出していたもんだからフト気付けばカナーリ取り返しのつかない方向へ・・・もともと週末の3日あればカンタンに3kgくらい軽く太る体質ですが何か?

で、4kmウォークをはじめたら足が痛いのなんのって。ついでに意識して振った腕も筋肉痛。肩こりと腰痛をラクにしたくて始めたのに余計にひどくなる有様。はじめて3日目、痛すぎて今日は歩けません。まわりで走人を見てつい自分もたったの200m走ったのもイケなかった。それにしてもひどすぎる。すごい年寄りになったみたいで自分が悲しいよ・・・
でもね~イジけたのもほんの一瞬さぁ♪私は立ち直りが早いのさ。(懲りない性格とも言う)パークディストリクトのテニススクール、申し込んできちゃったもんね!これでグータラ運動不足生活ともオサラバさぁ~るるるぅ~♪・・・って、今度こそ続くといいんだけど。
  1. 2006/09/06(水) 05:51:07|
  2. 日々徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ドライブインシアターで映画を観よう

49ers2.jpg 49ers1.jpg


今週末はレイバーデイで3連休、わーい!<ってもうずっと休みじゃん、私。
土曜は夕方からインディアナまで車を飛ばして、古き良き時代の雰囲気溢れるドライブインシアターへ。これも我が家にとっての夏の風物詩。昔は4063箇所もあって大いに賑わっていたドライブインシアターも今は全米でたったの400しか残っておらず、その殆どが集客に困って経営難に悪戦苦闘しているのだそう。そりゃそうだ、いまやDVDをホームシアターで楽しむ時代なのだから。だけど私たちはこの古めかしい雰囲気が何とも好き。Kは行ける限りの現在残っているドライブインシアターを行きつくすつもりでいるらしい。

ミニコーンドッグ、チリ&チーズフライ、バーベキューリブサンドなどをコーラと一緒に買い込む。入場料が安い分、売店でいろいろ買ってあげることが望ましい。それだってもっと高くしたらいいのにーって思うほどチープで涙が出そうになっちゃう。駐めた車の前にイスを置いて楽しんだ映画は『CARS』と『パイレーツオブカリビアン デッドマンズチェスト』の二本立て。むずかしー話のはイヤだと言ってあったので完全にコドモ向け。普通の映画館と違って隣のお客さんとは距離がだいぶあるのをいいことに、しょうもないシーンには毒吐きまくりながら見たワタシ。二本目の映画が終わったのは夜中の1時。そこからまたシカゴへとって返して家に着いたのは2時半過ぎで、さすがに二人ともちょいと腰が痛たたたー。

  1. 2006/09/03(日) 10:18:20|
  2. 音楽・映画・パフォーマンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。