NEKONOSHITA

大切なものはいつも一番近くにあるはず。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

祖母のこと

母から短いメールが届いた。

---------
おばあちゃんが亡くなりました。  6日 3:16AM でした。 
安らかな寝顔でした。 よく頑張ったと思います。
葬儀等の打ち合わせはこれからですので、決まったらまた連絡します。   


---------

101才。まさに言葉どおりの、大往生だ。
今年の春に一時帰国したときに顔を見たのが、祖母との最後の対面だった。病室に見舞ったときはちょうどスヤスヤよく眠っていて、その寝顔はまるで赤ん坊のようで孫の私が言うのもなんだけど可愛らしくさえあった。 もう既にずいぶん前から誰の顔も分からなくなっていたし、いつ何があってもおかしくない年齢でもあったから家族みんな覚悟はできていたけれど、でもやっぱり訃報を聞いたその日はさすがに一日じゅうずっと声をあげて泣いた。亡くなる直前、祖母は眠りながらもかつて得意だった縫い物をちくちくとする手の動きをしたり、私や妹の子供の頃の愛称を何度も何度も呼んでいたのだそうだ。昔むかしの頃の夢をたくさん見ていたんだろうと思う。もう私たちが実際に会いにいってどんなに『おばあちゃん、わたしだよー』と言ったところで、きょとんとフシギそうな顔で笑うだけだったのに・・・

時を前後してKのお祖母さんもうちの祖母の2日前に亡くなり、二人同時に悲しみに見舞われた。これも妙な偶然といえば偶然か。諸事情もあって結局私たちは日本に帰国はしないことになった。今ごろは家族、特に母が何かと大変な思いをしているだろうと思うと心苦しい。

子供の頃、忙しく仕事をこなす母に代わってずっと私たち姉妹の面倒をみてくれた祖母のことを思い返してみる。そして、この世に生まれて100年余という時間を、そして父母から聞いた祖母の波乱に満ちた一生を思ってみる。おばあちゃんは本当にほんとうに長い間、よく頑張ったね。やっとこれでゆっくり休めるんだね。

leaf.jpg

  1. 2005/10/07(金) 15:05:26|
  2. 日々徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<ぺんメール | ホーム | Harold Chicken Shack>>

コメント

帰りたくても帰れない、しほうさんのお気持ちお察しします。
きっと孫が大好きないいお祖母ちゃまだったのでしょうね。
私も(私事ですが)母の最期には立ち会えませんでした。
母に会った時に最初に出たのは「これで終わったね」の一言でした。
人の一生を思うとき、その人がどれほど多くの人と関わり、影響を及ぼしてきたのかに心を打たれます。
(生意気なこと言ってスミマセン・・・)

お祖母様のご冥福を心よりお祈りいたします。
  1. 2005/10/10(月) 01:17:43 |
  2. URL |
  3. yunko33 #euPKcZaE
  4. [ 編集]

しほうちゃんの家は、とても仲の良い家族のようだから
おばあちゃまの最後に立ち会えなくて、さぞや残念な思いだったことと
お察しします
最後に苦しまずに旅立たれたことが、せめてもの救いかもしれませんね・・・
おばあちゃまのご冥福を心よりお祈りいたします
  1. 2005/10/10(月) 12:50:30 |
  2. URL |
  3. うすドン #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2005/10/10(月) 18:54:51 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

私、曾おばあちゃんのお葬式に出てません。
行こうと思えば、行けたけど・・・行けなくて。
でも、その代わり、今も田舎に行くと、居る気がします。
広い田舎の家の何処かから、ひょっこりお漬物とか片手に。

ゆきを亡くして思ったのですが、姿を変えて傍に居てくれます。
いつでも、思う時に、何処にでも来てくれるから。
しほうさんのお気持ち、おばあちゃん分かってくれてますよ。
おばあちゃんって、誰よりの理解者ですもの。私にとっても。
それを良く知ってるのは、本人なんだって、これも、ゆきから学びました。

風さんが私に言ってくれた、「涙が出るとき。。無理をしないで、泣いてくださいね。。それは、ゆきちゃんへの愛が溢れたものだから。。」この言葉、本当にそうだと感じました。そのまましほうさんに。おばあちゃんへの愛だから。
  1. 2005/10/10(月) 20:45:12 |
  2. URL |
  3. ねこ宅B #or5VrnfI
  4. [ 編集]

ありがとうございます。

みなさんがそれぞれの思いを寄せて書いてくださった
あたたかい言葉のひとつひとつに包まれて、今はとても穏やかな気持ちです。
本当にどうもありがとうございます。

私もいま、祖母の死をきっかけに、人の一生とはすべからく
人と人との関わり、たくさんの人にいろんな形で支え、助けられて
すべてのことは成り立っているんだなぁということを改めて感じています。

そしてその反面、一見対照的な言葉のようでもありますが
『人は身ひとつで生まれてきて、身ひとつで死んでいく。っていうけど
おばあちゃんみてて、つくづく本当にそうだなぁって思ったの。』
と言った母の言葉もまた、深く心に残っています。




  1. 2005/10/11(火) 02:27:28 |
  2. URL |
  3. しほう #mQop/nM.
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2005/10/15(土) 13:51:03 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

しほうさんへ

101歳…。

本当にすごいですね。
きっと、この世でやるべき事を全て終えて、
次なる世界へ旅立って行ったのでしょうね。

私にも、母方の祖母がいます。
近くに住んでいるのに、自分の事ばかり優先してしまい、しばらくご無沙汰しています。

しほうさんのblogを読んで、この歳になるまでおばあちゃんが生きていてくれている事を感謝しました。

近々顔を見に行ってこようと思います。

昔の元気だった頃を思い出したりすると、
もう会えないことがとても悲しく感じると思いますが、
おばあちゃんはきっと、やさしい孫に恵まれて、幸せだったと思います。

天国でゆっくり休んでください…。
  1. 2005/10/18(火) 10:24:09 |
  2. URL |
  3. meg #-
  4. [ 編集]

>megさんへ

megさん、素敵なすてきなメッセージをどうもありがとう。
私も祖母はいまごろはきっと、別の世界で幸せにしていると信じています。

おばあちゃま、megさんが会いにきてくれたらきっと
とっても喜んでくれるね!
どうぞ大切に、いたわってあげてくださいね。
  1. 2005/10/18(火) 16:17:25 |
  2. URL |
  3. しほう #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shihou.blog1.fc2.com/tb.php/103-796f95e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。