NEKONOSHITA

大切なものはいつも一番近くにあるはず。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

言葉を操るということ

移民の多いこの国に住んでいるせいか、気のおけない集まりなどのときにはlinguisticに
関する話題がのぼることがよくある。
例えばあるときは、英語と日本語をそれぞれ母国語に持つ両親のバイリンガルの子供の
第一言語に対する意識の育て方だとか、またあるときは日本語を習得したい人に
フクザツな言い回し(動詞の変化なども含む)や発音表現などをいかに正確かつ明快に
本質まで理解させるか、だとか。

こういうのって結構果てしない話題なんだけど、やっぱりネイティブじゃない言葉の習得は
難しいーと日常で思い知らされている人間(つまり私)には非常に興味深くて、毎回なるほど
なーーフムフムと話に耳を傾ける。


このまえ黒人英語についての話もチラと出たことがあって、その直前にちょうどたまたま
リリック・オペラで「ポーギーとベス」を観た私は、それまでどっぷりコテコテの黒人英語
というものを聞いたことがなく(黒人の人が皆必ずしも黒人英語を喋るわけじゃないし)
劇中でのその一つ一つの言い回しや表現にかなりの驚きを持ったばかりだったので妙にタイムリーだった。

話を戻しその集まりで、とある日本人ママが少しばかり困り顔で「近頃娘がデイケアの
黒人の先生の喋り方をマネしちゃうのよね~」と言ったのを聞いたとき、確かにアジア人の
小さなコドモがいっぱしの顔で黒人英語をフツーに喋っていたら、チョットチョット?って思っちゃう
のも分かるなぁと一緒に苦笑してしまった。

あ、断っておくとコレは別に黒人英語そのものの良し悪しを言っているわけではないので
どうぞ誤解なく。言葉というのは文化と歴史が背景に成り立っているものだからね。
  1. 2009/01/20(火) 03:45:02|
  2. 日々徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<頼むぜっ、ブルズ! | ホーム | イングリッシュマフィン>>

コメント

これは面白ね。
私が英語で失敗したことを書こうと思ってたとこだったし。
まだ載せてないけど、あなたの「言葉を操るということ」の続きと思って読んでね。
頑張ったね。三つも書いたものね。偉い、偉い。
金曜はアーガイルもいいね。Hiroko
  1. 2009/02/05(木) 13:57:26 |
  2. URL |
  3. Tsukasa Hiroko #-
  4. [ 編集]

>Hirokoさん

先日一緒にお話ししたときの、本をたくさん読むということや
小学校低学年の算数の基礎がどれほどその後の生活に大きく
影響があるかっていう話題も本当に興味深かったです。

いずれもし子供を持つことがあれば、その二つはしっかり責任を
持って教えなくちゃと思うとともに、私自身も中学あたりの数学から
もう一度おさらいしようかしら・・・とも思います。(笑)
Hirokoさんの言葉についての記事、楽しみにしています。
  1. 2009/02/07(土) 19:10:57 |
  2. URL |
  3. しほう #mQop/nM.
  4. [ 編集]

一応、アメリカ国籍を持つ息子。
帰国する前に遊びに行ったアメリカ人Family から
「アメリカ国籍を持ってるのだから、
英語も日本語も話せるように、頑張って教育するように」
と、いわれました。
これって、大変労力がいることですよね。
アメリカに住む日本人夫婦の子供は
日本語が苦手だったりするワケですし・・・。
私の怪しい英語をマスターされても困るわよね。苦笑

言葉をあやつることができる ことができても
100%コミュニケーションがとれるわけではない、
って私はつくづく思います。

「2つの祖国」(山崎豊子著)を読んだときに
本人のアイデンティーがどこにあるかっていうのが
意外と大切なのかもしれない、って思いました。
  1. 2009/02/08(日) 00:47:38 |
  2. URL |
  3. usako0213 #-
  4. [ 編集]

>usakoちゃん

第一言語については、やはりどうしても住んでいる場所の
言葉が強くなってしまうんだろうなぁ、と感じてます。
移民の方は皆「ここで生まれ育つ子供は英語は放っておいても身につく。」
から私がいずれ子供から英語を直してもらうことはあっても
教えることに関して心配する必要はないけど、日本語に関しては
大きな問題ね。責任重大。

コミュニケーションということになれば、それは大人になっても
色々考えさせられるシーンが多いくらいなので(笑)
それはずっと向き合っていかなきゃいけない事のひとつかも。

「2つの祖国」はすごく心に残りました。貸してくれてありがとうね。
とても深く考えさせられる内容でした。
  1. 2009/02/09(月) 11:20:39 |
  2. URL |
  3. しほう #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shihou.blog1.fc2.com/tb.php/385-a0e1ef29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。