NEKONOSHITA

大切なものはいつも一番近くにあるはず。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鼓童 ~ONE EARTH TOUR 2009~

前回彼らがシカゴに来たのはたしか2005年かな。
相変わらずアメリカでも大人気の鼓童。会場のCSOには夫がサポートしてるシカゴの
和太鼓グループの面々をはじめ知った顔も結構多かった。トナリに一人で来ていたおばあさんは
私がハイと挨拶するなり「アナタ、15年前のオーディトリアム・シアターでの公演は観た?
とにかくものすごい迫力でね!もう今日はホントに楽しみにしてきたのよっ。」と
興奮気味に話しかけてきた。私もワクワクですよー!何せ4年も待ったんだから。

しかーし、いざ始まってみると・・・・
うーん、正直言ってややパワーダウン?な感が否めず。前回ほどの感動は残念ながらないなぁ。
4年の間にどうも世代交代していたようで。演者の中心は殆どが20代前半から30そこそこ。
若くて元気があるのは良いんだけどややもするとノリが軽い・・・良くないとまでは言わないけど
あのかつての鬼気迫るような鳥肌もののオーラはどこに置いてきてしまったんだい?
以前は15分以上も続く大太鼓のソロを叩き終えてもビクともせず、ものすごいテンションのまま
グワァーっと次の演目に突入して聴衆をぐいぐいと引き込んでいく、これぞ硬派な日本男児って
感じだったんだけどなぁ。

世界で和太鼓と言えば「鼓童」と認知されているだけに、誰にも文句言わせないような
凄い太鼓をやっぱり期待しちゃうんだよね。これから数年後には若い彼らも大きくパワーアップして
やって来てくれることを期待しつつ。またかつてのような太鼓で泣いてみたいものです。


  1. 2009/03/19(木) 18:26:10|
  2. 音楽・映画・パフォーマンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アニバーサリー | ホーム | もち米大量消費の巻>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shihou.blog1.fc2.com/tb.php/392-2d5ba256
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。