NEKONOSHITA

大切なものはいつも一番近くにあるはず。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生きているということに気づく

teiten0903.jpg
先週夕方6時の風景。湖に降り積もった雪に高層ビルの影がニョッキリ。

いよいよ今週日曜からは夏時間がスタート。まだここでは氷点下の気温や雪が降ったりもするから
あんまりピンと来ないけれど、季節は着実に動いているのですな。

時々見てる週報
この文章を読んで、大昔、大切な人に宛てて
人生の終わりに「よく死ぬ」ためには「よく生き」なければ。
と、書いたことを思い出した。 どうやら今週は自分が改めてソレを振り返る週のよう。

-----

霊能者や霊媒師と呼ばれるような人が
「その人は自分が死んだということにまだ気づいていないようです」
などと言います。
そうか、死ぬと、何かを理解することは難しいのか
魂はあるかもしれないけど、頭脳がないんだからなあ
などと、妙に納得してしまったりします。


ですがここでふと
自分が今生きているということに気づいてるのだろうか
という疑問が湧くのです。
確かに、私たちは、生きてるつもりで生きています。
でも、改めて「生きていることに気づいてるか」と考えると
ちょっと微妙な感じがします。


自分が死んでいるということに気づくという以上に
自分が生きているということに気づくのは
結構難しいことなのかもしれません。
私たちは、重力に引っ張られて地球に立っていることや
地球が自転していることなどを頭では知っています。
動いているのが太陽ではなく地球の方だということもよく知っています。


でも、結局は重力に引っ張られている、とは感じていませんし
ぐるぐる回っている気もしませんし
太陽の方で登ったり降りたりしていると感じています。


今週、何か不思議なかたちで
生きているということに気づかされるのではという気がします。
それは、心の奥底に作用する何らかの力が
もともと持っていたスイッチを押してくれるような出来事だと思います。

引用: 「筋トレ 2009/3/16-2009/3/22 おひつじ座の空模様。」(石井ゆかり氏)より

---

目先のことに一喜一憂するのはヤメにして、今もっとやるべきこと
それから答えを出さなきゃいけないことがあることを思い出しました。反省。

teiten0903_2.jpg
朝6時。
  1. 2009/03/13(金) 01:55:20|
  2. そこにある風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<もち米大量消費の巻 | ホーム | お助け!スーパーボール>>

コメント

そこにある風景
あなたのペントハウスからでなければ写せない美しい写真。さすがですよね。
素敵な写真、そして哲学的な思考。
どっちもよく生きようとしているものには必要なものですね。Hiroko
  1. 2009/03/13(金) 15:21:34 |
  2. URL |
  3. Tsukasa Hiroko #-
  4. [ 編集]

>Hirokoさん

最近、ユルい生活が長く続いたせいで思考が低下ぎみだったのです。
以前のように毎朝、水平線からお日様が昇るのを見届けて一日が始まる
ような生活が理想です。長い冬ももうすぐ終わりですもんね。
  1. 2009/03/15(日) 03:31:07 |
  2. URL |
  3. しほう #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shihou.blog1.fc2.com/tb.php/393-943715d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。