NEKONOSHITA

大切なものはいつも一番近くにあるはず。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

U2 @ United Center

春にひき続きU2がまたシカゴ公演。今年はなんてゼイタクなのだ!
ボノはまたさらに太っていて、エッジはあいかわらず仙人のようだった。でも春よりはちょっとだけアクティブ。ドーナツ状に作られたステージをぐるんぐるん歩きながら弾いてくれて自分の近くに来てくれたときは感動でトリハダがたった。昔はアメリカの悪口をあれこれ言っていたハズのU2も、今は彼らの活動に国がたくさんお金を出しているので、いまはもうアメリカさまさまといったところだろう。

今回も前回同様、18分ほどでsold outになったというハナシだけど、開演当日試しにチケットマスターでアクセスしたら空席がまだチラホラ出てきたり、実際に会場へ行ってみれば、ガボッとまとまってシートが空いてたりとフシギな席の余り方をしていたのがひじょーに気になる。
アンコールの最後の曲『40』で、ボノがマイクスタンドに自分のかぶっていたカウボーイハットをかけて、歌い終わるとまだエンディングを演奏しているメンバーを残しつつ静かにステージから消えた。最後に残ったドラムスのラリーが、演奏が全て終わるとボノのマイクスタンドに歩み寄り、彼の帽子をスッとかぶって去っていったのがとても印象的だった。
  1. 2005/09/21(水) 14:28:39|
  2. 音楽・映画・パフォーマンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ねむくてねむくて仕方がないわけ | ホーム | キーライムチーズケーキ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shihou.blog1.fc2.com/tb.php/93-cf252c64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。