NEKONOSHITA

大切なものはいつも一番近くにあるはず。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

手芸部気分

まだまだヘタっぴながら冬に始めた編み物を楽しい!と思えてきた今日この頃。
そうしたらオリジナルのオーガナイザーが欲しくなって、市販品の見様見真似で
なんとなーく作ってみた。寸法テキトー仕切りの間隔も全てテキトー。
最初からキルティング地を使えばラクチンだったのに、気に入った生地でやろうと
テキトー人間が自分でキルティングをかけたら・・・およよ、幅がおかしなことに。(汗)
やっつけ仕事なのがバレバレだけど、自分用だからキニシナイ!

それよりズボラな私が小間物用の小さなポッケまでつけたのは我ながらニクイね~
とか思っちゃったりして。<完全自己満足
小学校の手芸部の頃を懐かしく思い出しちゃったよ。

くるくるっと巻いて、ほーらコンパクト。


organizer1.jpg


調子づいたおかげで、これまた中途のまま5年もほったらかしにしてた
クッションカバーも(気の長いハナシだ)ようやく完成~。ちくちく上手な人はきっと
直線縫いしてファスナーつけるだけなのにぃ?!と呆れてるに違いない。
タダ同然でゲットしたMarimekkoのハギレに生成りコットンを合わせて
イッキに4個作成。なによりお財布にエコなところが大変気分がよろしい。(笑)


pillowcase1.jpgpillowcase2.jpg

ああ、オットが10年使い続けてすっかりショボくれたクッションカバーと
やっとおさらばしたぜーい!

  1. 2009/05/13(水) 21:25:46|
  2. おやつ・ベイキング・ハンドメイド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

臨時中古CD屋と化してます

lemonbread.jpg


レモンの風味が爽やか~な、お菓子パン。メロンパン的レシピだけど
上から流しかける生地がメロンパンより工程がラクチン。
コドモや甘党の人への手土産にしたら間違いなく喜ばれそうだ。
レシピは下記を拝借。

Cpicon ベイクドチーズケーキのようなパン by ☆mayumi☆


----

最近e-bayガラミで、ちとばかり忙しい毎日。(笑)
いや、落札する側じゃなく売る方で。

日頃「片付け」「整理整頓」というコトバを私が口にするだけでイヤ~な顔のオットが
(エラソーに書いたけど、ホントは私自身も相当散らかし屋)
どういう風の吹き回しか、突然 「手持ちのCDを処分する」 と宣言。
おおぉ~マジですか!?やっとその気になってくれたんですか隊長っ、ブラボー!
どうやら自分の持ち物が、いつか来るであろう引越しの際にどれホド厄介な代物で
あるかをようやく自覚してくれたらしい。ふぉっふぉっ。

しかーし。
いかんせん、現在の所有枚数がざっと2000枚以上ありましてね・・・
それでもココ1ヶ月弱で200枚は売れたんだから、順調じゅんちょー!と
おだて持ち上げつつせっせと発送作業のお手伝いをする私。
<気が変わらないうちに全部掃きたいから

それにしたってお部屋スリム化計画の道のりは長いよ~。何せまだこのあと
どーっさりとDVDや本もあるからね・・・(汗)途中で計画だおれにならないように
頑張ってモチベーションキープしないと。



  1. 2009/05/10(日) 04:07:46|
  2. 日々徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

おニュウのエプロン

apron2.jpg


旅先のキッチン用品の店で買って以来、毎日こればかり20年近くも
使い続けて今やすっかり首のヒモが擦り切れて、くたくたのエプロン。

---

どうやらアメリカではキッチンでエプロンをする人は少ない(らしい)。
TVの料理番組を見ていてもエプロン姿の人をほとんど見かけないし
(ビジュアルを考慮しているせいもあるかもしれないケド)
そういえば以前にクッキングクラスに参加したときも先生はしてなかった。

服が汚れるの気にならないのかな~と気になっちゃうのよね。揚げ物なんて特に。
それと袖まくらずに料理して小麦粉が付いたりしてるのも、ああぁっ!と思ったり。
私はどんなにボロの部屋着を着ていても、キッチンでは必ずエプロン。
エプロンすると窮屈だとか動きにくいと思う人もいるから、まぁ好き好きなんでしょうが。

汚れといえば、油や水垢でそこはかとなく清潔感の薄れたキッチンて
意外と他人の目に付きやすい場所だと思う。でも毎日そこに立ってるとついつい
目が慣れて見落としがちになっちゃうのもよーく分かる。

我が家の日常の掃除の強い味方はアルコールを入れたスプレーボトル。
調理後はいつもコレ片手にキッチンをうろうろ、シュシュッ、キュキュッ。
重曹やビネガーよりも頻繁に使うくらい私にとっては信頼度が高いもの。
簡単にさっぱりピカピカになって気持ちいいから。メラミンスポンジも同じくらい大活躍。
この2つは大掃除が不得意な私の、普段のお手入れになくてはならないモノ。
(ただしどちらも使う場所・材質によって若干の注意が必要)

あっ、キッチンがスッキリ整然と片付いてるかどうかはまた別のハナシ。(笑)
何でもしまいこむと使いづらいタチなのでけっこう雑然としてるかも。

---

くたくたエプロン、今までご苦労さま。今日からは友が贈ってくれた大好きな色の
おニュウのエプロンにバトンタッチして、またいそいそとキッチンに立つことにしよう。
ちなみに「おニュウ」ってコトバ、いまや死語なんだってどこかに書いてあった。
    



  1. 2009/05/08(金) 01:02:07|
  2. キッチンツール・コレクティブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

タルトタタン

はて、無条件で大スキなバナナに相反してめったに買わないのは林檎。
生の林檎にはまったく愛のない私。あのシャクシャクした歯ざわりニガテでね・・・
くすぐったいような感じっていうか。それって私だけ?どっこい火を通しちゃったものは
ダイスキなんだな~。アップルパイ、シブースト、アップルシュトゥルーデルなどなど。
アップルパイは温かいところにバニラアイスを添えたア・ラ・モードがいい!





でだ。
なんとなーく買ったものの放置中の林檎3つを消費すべくタルトタタンにしましたよ。
久しぶりに林檎を煮たけどこんなにカサが減るんだっけか!16cmのマンケ型を使った
けど、たぶん8-10個使わないと型いっぱいにならない・・・ほら。


tatan3.jpg


タルト生地は簡単にできる折りパイレシピを採用。作り方は練りこみ生地っぽいのに
焼くと層ができててイイ感じ。お!コリャらくち~ん。


caramelbook.jpg


アメリカの激甘のキャラメル味にウンザリした頃に買ったこの本。
今後も私がアメリカンレシピのキャラメルお菓子を口にすることはナイね。
これはほろ苦カラメルを使った美味しいお菓子が色々載ってて気に入ってマス。
表紙も好み。今回のタルトタタンはココから。


tatan2.jpg


トッピングの生クリーム、ちょいと多すぎ。それでもオットと二人で一撃で食べてしまった
から、性懲りもなくまた林檎8個も買ってきちゃったよ。<季節でもないのにねぇー


  1. 2009/04/27(月) 03:22:53|
  2. おやつ・ベイキング・ハンドメイド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

麗しのバナナブレッド

bananabread.jpg



切らすとつい買ってしまうほどのバナナズキ。
でも大抵は食べ頃を逃して熟れすぎた頃にハッと慌ててケーキにしたり、あるいは
“いつの日か”スムージーにしようと冷凍庫に放り込む、の繰り返し。この悪癖どーにか
しなくちゃいけないけど、でもあぁ、私にとっていちごとバナナはずっと特別な存在なのだー。

むかーしアイスクリーム屋でバイトしていたとき、バニラにフレッシュストロベリーと
バナナをマシンでぶぃーんとブレンドしてホイップクリームとホットファッジをかけたものが
大のお気に入りだったっけ。なんてことを思い出しつつ今日もしつこくバナナブレッドを焼く。

今回は強力粉使用なのであえてケーキじゃなくてブレッド。これは偏愛といってもいい
くらい好きだったキャピトル東急ホテル「コーヒーハウスオリガミ」のもので、オリジナル
レシピを長らく探し続けて今回ようやく手にしたので初トライ。指示どおり2日間じっくりと
寝かしてから食べたら本当に素晴らしい出来。過去にバナナケーキは50回以上は焼いたけど
これぞまさしく配合の妙。(マイレシピじゃないので公開できずスイマセン)

数年前にホテルが閉館して、もうここのバナナブレッドにお目にかかれなくなるのかと
ヒジョーに悲しんだけど、赤坂東急プラザ内で営業しているようで嬉しい限り。
ここのクラブハウスサンドやパーコー麺、そばサラダ(今はもうないみたい)も絶品ナリ。
来年には永田町の跡地にいよいよリニューアルオープンだそうで、外国人客にひときわ
愛された日本情緒溢れるホテルがどんなふうになるのか、日本に帰るときが楽しみ。


  1. 2009/04/26(日) 22:30:24|
  2. おやつ・ベイキング・ハンドメイド
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

ようやくここにも

遅まきながらようやくここシカゴにも春がやってきたようです。
4月に入ってもずっと35F(2℃)前後の寒い日が続いていたけど
先週末は春を通り越して初夏を感じさせる陽気。はあぁ~あったかいっていいな。
今年の冬はほんっとに寒くて雪も結構降ってウンザリだったからね。

芝もだいぶあおくなってきたし、なによりこの湖と空の色といったら!
あと2週間もしたら木々の新芽がイッキに育って新緑のまぶしい景色の到来だー。
こちらに来て以来、桜に代わって毎年私が心待ちにしてる林檎の花が咲くのも
あともう少し。

ようやく散歩が楽しい季節のはじまりでございます。


teiten0904.jpg



つい1ヶ月前はこんなだったのにね。
lake030409.jpg
  1. 2009/04/21(火) 01:59:23|
  2. Chicago Life
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

生命力あふれる

africanviolet.jpg

うちのアフリカンバイオレット(セントポーリア)ちゃん。
去年は我が家にやってきた途端にどんどん弱っていき、こりゃ枯れたか・・・と
思ったけど可哀相で捨てられず・・・そうしてひと冬を越えたある日、ふと鉢を見たら
ちっちゃな蕾がひとつ。それからはどんどん花を咲かせてマス。
植物って健気だな~。そんな姿を見てると元気が湧いてくるね。

ところでアフリカンバイオレットは通年花が咲くというのだけど、このコは春だけ。
どうしたら一年中花をつけてくれるようになるのかしらん。
この色好きだから、株分けして増やしてみようかな。

----

オットの友人が仕事でシカゴに約半年間滞在することになって
週末は生活必需品やグローサリーの買物を夫婦でお手伝い。
独身男性ながら結構自分で料理もするらしく、こちらの食材のことなどを
色々聞かれたりしながら楽しくお買物。オットは大喜びでスーパーになんて
めったに付いて来ないから、なんだかこういうのって新鮮だ。

夜は歓迎会を兼ねてお決まりの店でお決まりの生牡蠣大会。
一人1ダース以上のオイスターをペロリ。もっと食べてもいいくらいスキ。

  1. 2009/04/11(土) 00:38:26|
  2. 日々徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

手打ちうどーん

粉とたわむれる日々は続いております。
このあいだ言っていた新しいことっていうのがコレ。

前から一度やってみたかったんだよネ~、うどん作り。
参考レシピはこちら。  Cpicon ☆HB☆讃岐風手打ちうどん by そらのひかり

ホームベーカリーで一旦生地を捏ねてから(ウチのは多機能型じゃないので
水分量の少ないうどん生地はモーターがちと辛そうだった)ジップロックに入れて
自分でフミフミ。讃岐のようなコシをめざしておいしくな~れ♪とつぶやきながら・・・
ついつい楽しくて、気付けばけっこー長いこと踏んでました。


udon2.jpg


寝かせること3時間。そのあと打ち粉をふって麺棒で伸ばして均等に切る。
この均等にってのがなかなか難しい・・・麺定規と四角い麺切り包丁がほしいヨ~。
そして茹で。最初は出来ばえをしっかり確かめるために、いざっ!ざるうどんで勝負。

讃岐顔負けの す ん ご い コ シ ~ 。 っていうか・・・かたい?
しかも茹で上がるとよくわかる、太さがバラバラでっす。orz 
なのでなるべく細めのとこ、拾って食べましたとさ。あは。

太いとこは翌日に持ち越して、甘いお揚げさんとワカメで関西風だしうどん。
あら、こっちはとってもイイ感じ~。買ったうどんと遜色ないんじゃないの??などと
オットからの評判も上々ナリ。昨日はどうやら茹で時間も短かすぎたのかも。

というわけで、踏みすぎるとコシが出すぎてスゴイことになるのでホドホドが
よろしいようで・・・


udon3.jpg




  1. 2009/04/10(金) 22:05:44|
  2. うちゴハン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。